野菜生活のすすめ・エリンギ


「食感が魅力ですっかり人気者のエリンギ」


 

<分類>

ヒラタケ科

<旬・産地>

人工栽培なので1年を通して出回っていますが、旬は9月から11月頃の秋です。主な生産地は長野県・新潟県・広島県です。

<選び方>

かさについては、開きすぎていないもの、白いひだがくっきりしているもの、薄い茶色で内側に軽く巻き込んでいるものを、軸については白くふっくらとして弾力があるもの、引き締まったものを選びましょう。

<保存方法>

湿気があると傷みやすいので、包装のまま、またはポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存します。冷凍する場合は、食べやすい大きさに切ってからポリ袋に入れて保存すると便利です。

<栄養の特徴>

ビタミンB2・ビタミンB1・カリウムが豊富に含まれています。独特の歯ごたえは食物繊維によるもので、その含有量はきのこ類の中でもトップクラスです。他のきのこと同様、低エネルギーなのでエネルギーを気にする方にぴったりです。

<おいしい食べ方>

食感のよさが特徴なので、手で裂いたり、薄切りにしたりと、切り方で違った食感や味わいを楽しむことができます。くせがないので、ほかの素材とのなじみがよく、炒め物・パスタの具・汁物などいろいろな料理に使われます。
また、松茸と食感が似ているので炊き込みご飯にもおすすめです。その際、他の香りのよいきのこと一緒に炊き込むと、さらにおいしくなります。

<トピックス>

ヨーロッパ原産で、1993年に日本に入ってきた新しいきのこです。

←前へ目次へ次へ→