野菜生活のすすめ・さといも


「ねっとりほっこり 自然な甘みのさといも」


 

<分類>

サトイモ科サトイモ属

<旬・産地>

品種によって旬が異なります。石川早生や土垂(どだれ)、セレベスなどは8月下旬~10月にかけての秋が旬です。海老芋はそれより遅く9月下旬頃からが旬です。縁起物として正月料理に使われることが多い八頭は12月~1月が旬です。8月~12月にかけ、品種リレーによって長期間楽しむことができます。
千葉県・埼玉県・栃木県・宮崎県などが主な産地です。

<選び方>

ふっくらと丸みがあり表面に傷がないものや、皮に縞模様がくっきり出ていて、泥付きで適度な湿り気のあるものを選びましょう。
皮をむいた時に赤い斑点が出ているものは古いので、避けましょう。

<保存方法>

低温に弱いので冷蔵庫では保存せず、湿らせた紙に包み室温で保存しましょう。皮をむいたものは変色を防ぐために水に浸し、冷蔵庫に保存して早めに使い切ります。

<栄養の特徴>

カリウム・食物繊維を含み、芋類の中では低エネルギーです。独特のぬめりは、水溶性食物繊維であるマンナン・ガラクタンによるものです。食物繊維は、腸の健康を保ち、栄養素の吸収をゆるやかにします。

<おいしい食べ方>

煮物・汁物にする際は、ぬめりを取り除くと味がしみやすくなるため、皮をむいた後に塩もみするか、下茹でしてさっと洗ってから使いましょう。おなじみの煮物・みそ田楽・けんちん汁・いも煮汁にしてもおいしいですが、グラタン・サラダ・炒め物もおすすめです。

<トピックス>

日本で古くから作られており、稲作以前の主食だったと言われています。山でとれる山芋に対し、里でつくられる芋なのでさといもと呼ばれるようになりました。種類は関東で生産される土垂(どだれ)、関西で生産される石川早生をはじめ、八頭(やつがしら)・セレベス・タケノコイモ・京イモ・海老芋・大和里芋など多数あります。

←前へ目次へ次へ→