野菜生活のすすめ・ズッキーニ


「くせがなく低エネルギーの注目野菜 ズッキーニ」


 

<分類>

ウリ科カボチャ属

<旬・産地>

国産は6~8月に収穫されます。ハウス栽培の宮崎県産、露地栽培の長野県産が主に出回ります。

<選び方>

見た目より重いもの、へたの切り口が新しくしなびていないもの、太すぎるとやや大味になるため太さが均一のものを選びましょう。

<保存方法>

まるごとの場合は、紙で包み冷蔵庫で保存します。カットしたものはラップでぴったりと包んで冷蔵庫で保存します。冷やしすぎるとズッキーニ特有のしっとりとした食感が損なわれるので、注意しましょう。

<栄養の特徴>

カロテンやビタミンCが豊富で低エネルギーです。

<おいしい食べ方>

ラタトゥイユをはじめイタリア料理には欠かせない野菜です。クセがなく様々な料理に活用することができます。
油で炒めれば香りが出てうまみが増すので、ソテーやフライもおすすめです。また、ピクルスにしておくと、長期間楽しむことができます。

<トピックス>

外見はきゅうりに似ていますが、実はかぼちゃ(ペポかぼちゃ)の仲間です。かぼちゃは完熟後に食べますが、ズッキーニは開花後4~7日ぐらいの幼果を食べます。

 

←前へ目次へ次へ→