野菜生活のすすめ・春菊


「香りも栄養も優等生!」


 

<分類>

キク科シュンギク属

<旬・産地>

11月~2月頃が旬です。千葉県・大阪府・群馬県・栃木県・茨城県などが主な産地です。

<選び方>

茎が太くなく、葉が密生していて、葉先がしおれていないものを選びましょう。

<保存方法>

紙に包んでポリ袋に入れ、根を下にして立てて冷蔵庫で保存しましょう。冷凍保存するときには、塩を入れた熱湯で固めに茹でて、水気を切ってから保存袋に入れましょう。

<栄養の特徴>

カロテン・カルシウムが多く、ビタミンB2・ビタミンC・鉄分なども含みます。

<おいしい食べ方>

冬場の鍋ものに欠かせない野菜の一つです。食べぎわに加え、煮えすぎないタイミングで味わいましょう。鮮度が良ければサラダとしても味わえます。また、独特の香りとほんのりとした苦味という特徴を活かして、お浸しやごま和え、きざんで吸い物の薬味などに利用できます。アクが少ないので下茹でしなくても調理でき、卵とじや天ぷらなども美味しく味わえます。茹でる場合は茎から先に入れ、全体で1分茹でれば十分です。

<トピックス>

食用にしているのは、東アジアのみです。ヨーロッパでは、ガーデニングなどに使われています。
冬が旬なのに「春菊」と呼ぶのは、花が咲くのが春だからです。

←前へ目次へ次へ→