野菜生活のすすめ・ブロッコリー


「ライバルのカリフラワーに一歩リード!?ブロッコリー」


 

<分類>

アブラナ科アブラナ属

<旬・産地>

輸入ものと国産ものがあります。国産の旬は5月頃と11月頃の2回。北海道、群馬県、長野県が主な産地です。

<選び方>

新鮮なブロッコリーは緑色が濃く、つぼみとつぼみがすきまなく密集し、全体に丸く盛り上がっています。茎の切り口がみずみずしく、スがはいっていないものを選びます。紫がかったものは、寒さにあたり、甘味があり、黄色は鮮度が落ちています。

<保存方法>

収穫後も成長が続くため、栄養分は減少していきます。傷みが早いので、短期の保存なら、ポリ袋に入れて冷蔵庫に立てて入れ、なるべく早く使いましょう。かために茹でて冷凍保存することもできます。

<栄養の特徴>

ビタミンB1・B2、ビタミンC、カロテンなどのビタミン類や食物繊維が豊富です。
ビタミンCは熱に弱いので、加熱時間を短時間にしてビタミンの損失を防ぎます。

<おいしい食べ方>

茹でてサラダにして食べるのが定番ですが、胡麻和え,おひたしにも合います。その他、グラタン、炒め物、スープなど幅広く使うことができます。
また、茎は、加熱すると甘味が増しておいしくなります。葉にも栄養があるので、捨てずに炒め物などに活用しましょう。

<トピックス>

わたしたちが食べているのは、花の部分だということを知っていますか。あの粒粒が集まっている部分を「花蕾(からい)」といい、この花蕾が開き、小さな黄色い花を咲かせます。わたしたちは花が咲く前のブロッコリーを食べているのです。
茎のおいしさを楽しめるように作られたのが、茎が長いタイプの「スティックセニョール」。ブロッコリーより甘味があります。
また、「ブロッコリースプラウト」は、発芽して約3日目の新芽。生命力あふれる味をお楽しみください。

←前へ目次へ次へ→