野菜生活のすすめ・かぶ


「色白美人 野菜の中のお姫様 かぶ」


 

<分類>

アブラナ科アブラナ属

<旬・産地>

旬は、春と秋です。初冬のカブは根が充実し、甘味が強くおいしさが増します。
千葉県・埼玉県・青森県・茨城県・栃木県が主な産地です。

<選び方>

かぶから茎がまっすぐ伸び、葉の緑色が濃くてみずみずしく開いているものを選びましょう。古くなると、皮の水分がなくなりシワができます。大きすぎるものは、育ちすぎてスが入っていたり、筋がたってかたい場合があるので避けたほうが無難です。

<保存方法>

購入後、すぐに葉と根に分けましょう。葉が水分を吸収し、ス入りの原因になります。葉はぬらしたペーパータオルで根本を包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。根はポリ袋へ入れて空気を含ませて口を閉じ、冷蔵庫で保存しましょう。

<栄養の特徴>

かぶの根は淡色野菜ですが、かぶの葉は緑黄色野菜です。
葉は、カルシウム・鉄・食物繊維・ビタミンCが豊富です。
根には、ビタミンCや消化を助けるジアスターゼが含まれています。

<おいしい食べ方>

生でも加熱してもおいしいのが特徴です。春と秋の葉はやわらかいので、漬け物やサラダやスープに向きます。根を厚めに切ってこんがり焼いて食べるのも違った食感が楽しめておすすめです。

<トピックス>

春の七草のひとつにある「すずな」はカブのことで、日本では古くから親しまれてきた野菜です。

←前へ目次へ次へ→