野菜生活のすすめ・カリフラワー


「ブロッコリーが永遠のライバル!?カリフラワー」


 

<分類>

アブラナ科アブラナ属

<旬・産地>

1年中出回っていますが、11月~3月が食べごろです。

<選び方>

つぼみが固くしまって重みがあるもの、色が白くてきれいなもの、外側の葉がしおれていないものが新鮮です。鮮度が落ちると、実の粒が開きます。小さくてもずしりと重量感があるものが美味です。

<保存方法>

ポリ袋に入れて冷蔵庫に保存しましょう。

<栄養の特徴>

ビタミンC・食物繊維が豊富です。茹でてもビタミンCの損失率が他の野菜と比べて低いのが特徴です。

<おいしい食べ方>

カリフラワーは生でも食べられますが、茹でると甘味が増し、さらにおいしくなります。茹でる時は少量の塩・酢・小麦粉を入れると白く仕上がります。やさしい甘味を活かし、サラダ・スープ・炒め物・ピクルスなどにすると美味しさが引き立ちます。

<トピックス>

キャベツの変種で別名花野菜、花きゃべつとも呼ばれます。中心にある白くかたい花蕾を食べます。
色は、白、オレンジ、紫、緑があります。日本では白いほうが好まれるので、つぼみを陽にあてないようにまわりに葉を結わえて育てています。
最近は、ブロッコリーに押され気味で栽培量はやや減りつつあります。

←前へ目次へ次へ→