野菜生活のすすめ・グリーンアスパラガス


「春を告げる芽吹き野菜 グリーンアスパラガス」


 

<分類>

ユリ科クサスギカズラ属

<旬・産地>

旬は4月~6月。この時期は穂先が締まってやわらかく、ほのかな甘みが感じられる露地ものが出回ります。
北海道・岩手県・長野県・香川県・佐賀県・長崎県が主な産地です。

<選び方>

緑色が濃く、穂先が詰まっていてまっすぐに伸び、切り口がみずみずしいものを選びましょう。

<保存方法>

鮮度劣化が早いので、買ったらすぐに食べるのがこつ。保存する時はラップやぬらした紙で包み、冷蔵庫に立てておきましょう。
硬めに茹でて、冷凍保存することもできます。

<栄養の特徴>

ビタミンCや葉酸を含みます。
カロテンの量は基準に満たないものの、一度にたくさん食べられるなどの理由から、緑黄色野菜に分類されています。
アミノ酸の1種であるアスパラギン酸は、エネルギー代謝に関与し、疲労回復に効果が期待できると言われています。

<おいしい食べ方>

茹でる時は、根元からたてに入れ、硬い根元を10秒ほど茹でてから、穂先を入れます。火の通りが早く、余熱でも火が通るので、茹で過ぎに注意しましょう。
サラダや和え物や揚げ物などがおすすめです。

<トピックス>

アスパラガスには「グリーンアスパラガス」と「ホワイトアスパラガス」がありますが、それは育て方の違いによります。
茎の部分に土を盛り太陽が当たらないまま成長したものは白くなり、これがホワイトアスパラガスです。茎に土を盛らず太陽をたくさん浴びて成長したものがグリーンアスパラガスになります。

←前へ目次へ次へ→