野菜生活のすすめ・まいたけ


「舞い踊るほどうまい まいたけ」


 

<分類>

タコウキン科

<旬・産地>

人工栽培なので1年を通して出回っています。天然ものの旬は9月から11月頃の秋です。新潟県・静岡県・福岡県が主な産地です。

<選び方>

かさの色が濃く、肉厚でハリとつやがあるもの、触るとパリッと折れるくらいのものが新鮮です。

<保存方法>

ポリ袋に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。冷凍保存も可能ですが、たくさんある場合は天日干しにして干しまいたけにするのもおすすめです。

<栄養の特徴>

ビタミンB2が含まれています。他のきのこと同様に低エネルギーで食物繊維を豊富に含みます。

<おいしい食べ方>

鍋物・炒め物・揚げ物に最適です。きのこご飯にしても楽しめます。白まいたけは煮汁が黒くならないので、シチュー・グラタン・サラダなどに適しています。
調理の際は包丁で切るより、手で食べやすい大きさに分ると味がしみこみやすくてよいでしょう。加熱し過ぎると歯切れのよさが失われるので、サッと火を通すようにしましょう。

<トピックス>

名前の由来は、かさが重なり合って舞っているように見えるからとも、舞い踊るほどうまいからとも言われています。
「幻のきのこ」と言われていましたが、1970年代から人工栽培に成功したことをきっかけに手軽に味わえるようになりました。
種類は、おなじみの茶色いかさの「まいたけ」・「白まいたけ」があります。

←前へ目次へ次へ→